求人情報はネットでチェック|自分に合った職を発掘しよう

人気のナイトワークで安定した生活を手に入れる

不足を埋める

施工管理者の不足を派遣で穴埋めする

建設業法では請負金が500万円以上の工事には資格を保有した施工管理者が常駐しなければいけないことになっています。3000万円以上ではさらに上の資格が必要になっています。しばらく続いた景気低迷の影響で建設会社では定年退職を厳格に運用していたので、現在の超繁忙の状況では資格保有者の不測の事態となっています。緊急対応として派遣会社からの施工管理者の派遣で工事の消化に対応しています。建設業界は景気に敏感に反応するため仕事の量に波が生じる産業です。施工管理においても一定の派遣に頼らなければならないことは以前からあった状況ですが、技術者の年齢が高くなっている現状では定年延長をすることによって当面の必要数を確保しています。

今後とも不足の状況の解消は難しい

建設業界では施工管理者の不足で、本来受注すべき工事に取り組めないことは避けなければなりません。定年延長をして再雇用する場合には給料が大幅に減額となるのが現在のルールですが、派遣会社が高い給与を提示して施工管理の資格者の募集をしているので対抗上、給与水準をあまり下げないで再雇用するケースが増えているようです。建設業界の超繁忙状況は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催までは続く可能性がありますので、定年後の再雇用やOBの現場復帰など考えられるいろいろな方法で対処しなければ工事消化に支障をきたす可能性があります。建設業は社会インフラの形成という重要な仕事を担当しているので、工事消化に支障をきたすことは影響が大きいことになりますので、手立てを尽くさなければなりません。

Copyright© 2015 求人情報はネットでチェック|自分に合った職を発掘しよう All Rights Reserved.